トイレで水漏れが起きた時にするべきこととは?

トイレで水漏れが起きた時にするべきこととは? トイレから突然水が漏れていたらとても困ってしまいます。普段あまり故障することがないだけに、パニックになってどうしたらいいのか分からない人もいることでしょう。トイレ 水漏れは放置することでどんどん症状が進み、浸水などの危険だけでなく、床や壁などにまで被害が出てしまうことがあります。
そこで今回は水漏れが起きた時にすぐに行動できるよう、正しい方法をご紹介します。これを読めば落ち着いて行動できるようになるのでとても役立ちます。水漏れに不安を感じている人は必見です。

■トイレ水漏れはすぐに対応が必要な理由とは

トイレ 水漏れはすぐ対応するようにしましょう。行動の早さがポイントになります。少量の水だからまだ大丈夫と思っていると、水の量がどんどん増えて大変なことになってしまうケースがあります。そして一度水が漏れ始めると直ることはなく、症状が進むだけです。軽度のうちに直すことをおすすめします。最悪の場合、水漏れが床に広がり、床が劣化してしまって浮き上がったりシミができるなどの被害が出てしまいます。一度ついてしまったシミは掃除をしても取れることがなく、カビの発生原因にもなりますので、できるだけ床まで広がらないうちに対応するのが望ましいです。
そしてウォシュレットなどは電化製品のため、本体内に水が浸水してしまうと故障の原因となります。漏電などの危険もあるため水漏れがトイレ本体で起きている時は、コンセントを抜いて漏電をしないようにしましょう。漏電してしまうと火災などの原因になりやすく、床などの漏水の場合でも抜いておくと安心です。

■トイレ 水漏れ箇所に合わせた対応とは?
どんどん溢れてくる水を止めるためには、それぞれの場所に合わせた対応が必要です。トイレと一言で言っても故障してしまう場所は沢山あり、その場所に合わせた対応をして、業者が来るまでの間の被害拡大を防ぎましょう。給水管などの配管部分やつなぎ目から水が漏れている時は止水栓を使って水を止めましょう。流れてくる水を元から止めることで浸水被害を防ぐことができます。知識がない人や女性でもドライバーがあれば簡単に水を止めることが可能です。
タンク内から水が漏れている時は、中を確認し水位で故障個所を判断することができます。タンク内にたくさん水が入っているようであれば、まずは浮き球と呼ばれる満水になると自動で水を止めるための球を手動で軽く押し上げてみます。浮き球の部品が劣化してしまうことで動きが悪く、水を止めることができなくなっていることが原因です。これで水が止まれば部品を交換する工事を行うことで直すことができます。
逆にタンク内の水が少量だった場合は、水を溜めておく栓に問題があるのでそちらの部品を交換することで直ります。この場合は業者でなければ直すことが難しいため止水栓で水を止めて待ちましょう。

■トイレ修理業者の選び方とは?

トイレ 水漏れをできるだけ早く直してほしいからと焦って依頼してはいけません。止水栓を使用すればある程度水を止めることができるためゆっくり業者を選ぶことができます。業者を選ぶ時は年中無休で対応してくれることと、どのメーカーでも直すことができること、修理前に見積を提示してくれるところにしましょう。事前に値段を把握できることでトラブルを防ぐことができますし、納得して修理をしてもらうことができます。出張費や見積もりが無料の場所を選ぶとコストを抑えることができるのでおすすめです

■まとめ
トイレ 水漏れが起こってしまった時は焦らず、的確な対応をするようにしましょう。すぐに対応することで最小限の修理箇所で済むことができます。対応方法が分からない時は止水栓を使うことで浸水を防ぐことができます。業者選びもポイントを抑えて選ぶことで決めやすくなるでしょう。ぜひ参考にしていただいて、素早い対応を行ってください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース