トイレ水漏れで床が濡れる?トイレ交換が必要な場合とは?

トイレの床から水漏れが起こると故障を疑います。原因はいろいろありますが、中には残念ながら修理では直らないこともあります。そんな時は便器の交換をするしか方法がない場合も考えられます。そこで今回はトイレ床の水漏れを起こす原因の中から交換が必要なケースに絞ってご紹介します。水漏れしていて、不安に思っている方はぜひチェックしてみて下さい。

■トイレの交換が必要な原因とは?

トイレは一部の商品を除き、ほぼ陶器でできています。耐用年数が長く、掃除などをしても壊れにくいため陶器が使われているそうです。基本的に25年から30年程使用できます。耐久性に強いトイレですが、外からの衝撃にはとても弱くタンクの蓋や花瓶、掃除道具などを誤って便器に落下させてしまっただけで亀裂が入ってしまいます。この亀裂から水漏れをしてしまい床が水浸しになります。一度亀裂が入ってしまうと修理することは不可能で、交換をしなければいけません。

■トイレ交換の注意点

トイレの交換を行うときの注意点は、便器の交換だけではなく床の交換も必要になる場合があることです。使用年数が経過しているものは、新しいものにすることでコンパクト設計になっているため元々設置していた場所よりも小さくなります。そのため床の交換をしなければいけません。水漏れを放置することで床にシミができてしまった時も、トイレの交換と一緒に床を張り替えることになります。トイレの交換を行う時はリフォームも行っている業者にすることで床の素材やデザインなども相談できます。

■まとめ
トイレの床に水漏れする原因の中には、交換が必要なケースもあります。便器は物を落としてしまっただけで破損しやすいものですので、亀裂が入らないよう普段から注意する必要があります。亀裂を発見した時は症状が小さいうちにすぐ業者へ連絡し、対応するようにしましょう。放置することで亀裂が大きくなり浸水の危険もあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ