トイレ水漏れがつなぎ目から起きる!その直し方とは?

毎日使用するトイレは常に水を使用する場所なので故障することがあります。部品などの耐用年数が経過してしまうと水漏れを起こしやすくなります。そこでトイレの水漏れがつなぎ目から起こった時の直し方についてご紹介します。少量の漏れや、大量に溢れ出てしまった時などすぐに対応できるようになります。

■つなぎ目から水が漏れる原因とは?

トイレと配管のつなぎ目や、配管と壁とのつなぎ目から水が漏れる場合は、周辺箇所をしっかり調べるようにしましょう。ネジが緩んでしまったことや、配管で使用しているパッキンが劣化して痛んだことが原因の可能性があります。ネジのゆるみ程度であれば自分で直すことができますので、レンチなどで閉めてみましょう。それでも水が漏れている時はパッキンなどの部品が原因ですので、すぐに業者へ連絡することをおすすめします。連絡する時は故障個所をはっきり伝えることで、スムーズに修理することができるようになります。トイレに書かれているメーカー名や品番もわかるとなお良いでしょう。

■トイレから大量に水が漏れている時の対応方法

少量の水漏れを放置してしまうと大量に水が出てくることがあります。自然に水が止まることはなく、出続けてしまいます。水道料金も不安になりますが、一番心配なのは浸水ではないでしょうか。そんな時はドライバーを用意し、トイレ内にある止水栓を使って水を止めておきましょう。止水栓は配管部分に飛び出ているような形であり、手で閉めることはできません。必ずドライバーが必要です。


■まとめ
トイレの水漏れがつなぎ目から起こった時は、その場所を的確に調べることで自分で直すことができることがあります。しかし、部品の劣化が原因の時は無理に分解せず業者へ連絡しましょう。止水栓を使うことで浸水などの被害を防ぐことができるため大量の水が漏れて不安な方はすぐに試してみて下さい。止水栓の使い方が分かるだけで水漏れの対応がしやすくなります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ