トイレの配管から水漏れした時の対処方法とは

ウォシュレット 水漏れは本体からだけでなはく、配管からポタポタと水が垂れることがあります。あまり量が多くないから気にしなくてもいいと思ってしまいがちですが、一度水漏れを起こしてしまうと直ることはなく、だんだんと症状が悪化してしまいます。そこで今回はトイレの配管で起こるウォシュレット 水漏れの対処方法をお伝えします。

■ウォシュレット 水漏れで修理が必要なケースとは

ウォシュレット 水漏れでポタポタと配管から水が漏れている時はすぐに修理が必要です。これは長期間使用することで配管の部品が劣化してしまうことや亀裂が原因で起こります。パッキンなどの部品を交換することで直すことができますが、自分で直そうとせず修理業者に依頼することをおすすめします。知識がない人が修理をしてしまうとトイレが水浸しになってしまいます。また、ウォシュレットは電化製品ですのでとても危険です。
ナットが緩んでしまうことで水漏れが起こっている時は、自分で締め直すことができますので、確認してみましょう。

■修理が必要ない水漏れとは

トイレの配管からのウォシュレット 水漏れでも修理の必要ないことがあります。それは結露です。寒い日や湿気の多いときに起こりやすいことが特徴です。この結露はトイレ内の温度と水の温度に差が生じた時に起きやすく長期間続くものではありません。決まった時間帯や、季節など起こりやすい条件がありますので、続かないようであれば結露を疑ってみましょう。結露した配管から水が垂れることで床が濡れてしまい水漏れと判断してしまいがちです。結露を防ぐためには結露防止のテープや換気扇を活用することで予防ができます。

■まとめ
水漏れには修理が必要なケースと様子を見て大丈夫な場合があるので、状態などを確認しながら判断するようにしましょう。不安な時は電話相談できる業者もあるため、そちらに相談してみるか、無料で現場確認をしてくれる会社もあります。ホームページなどで調べることができますので参考にして下さい。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ