トイレタンク内の水漏れを確認する方法とは

トイレタンク内からずっと水の音が聞こえているととても気になります。正常なのか、故障なのか判断がつかず困ってしまいます。トイレは常に水を溜めている場所なので、故障しやすい箇所です。そこで今回はその部分の水漏れについて確認する方法をご紹介します。

■水漏れは音の長さで判断

トイレは水を流すと次に使えるようタンク内に水を溜めようとします。この水は一気に溜まるものではなく、最後の方はチョロチョロと少量ずつ溜まる作りです。基本的には数分程度で水はいっぱいになるため音も止まりますが、長時間水の音が聞こえ続けている時は何らかの不具合が起きていることが予測されます。水が溢れないよう規定の水位以上になった場合、タンク内から排水され、便器へ流れ出る仕組みです。このため水が溢れるケースはあまりなく自然に水が出ていることが多いのです。

■トイレタンク内の水位で判断

水が漏れている危険がある時は、実際にタンクを開けて状態を確認してみましょう。中には沢山の部品が使われています。浮き輪と呼ばれる水位を調整する部品が故障してしまうと中の水がいっぱいになっても水を止めることができずにどんどん流れてしまいます。水が出続けているようであれば交換することで直せるためすぐに業者へ連絡しましょう。逆に水位が低い時はレバーの故障や、タンク内のゴム栓の劣化などが考えられます。部品が劣化してしまうことで正常に機能することができなくなっています。この症状も部品を交換することで直せるため水漏れ 修理で直すことが可能です。

■まとめ
トイレのタンク部分で起こっている水漏れは、音や目視で簡単に確認できるので気になった方は試してみましょう。水道料金が高額になることや、故障個所が悪化してしまうことがあるため、故障に気づいた時点で早めに対応することをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ